目指せ透析40年!まだまだ生きる。

日々の透析の雑感や透析情報など

外食より中食のほうがアブナイ!

20140106_637460.jpg


なんとなくイメージ的には外食より、自分で総菜とか買ってきて食べたほうが健康に良さそうなイメージ。え?そんなことはない?

まあそのへんはおいておいて。

「中食」つまりコンビニとかスーパーでサンドイッチやおにぎり、総菜等を買ってきて食べる奴ですね。

これ、実は普通に外食するよりかなりリンが高くなる確率が高い。

「ちゃんと成分見てリンが入ってないのを確認してるから大丈夫!」

いえいえ、材料のところに「リン酸塩」と表示されてなくてもリンは入ってます。それも大量に。

どういう事かというと、実は食品添加物としての「リン酸塩」はいろいろな用途で使われるのだが、仕様用途によっては「リン酸塩」と表記されなくてもいい場合がある。というかそういう場合のほうが多い。

例を上げると

コンビニのおにぎりや白米にある「酸味料※1」、コンビニサンドの「PH調整材」、ジュースの「酸味料※2」、菓子パンの「イーストフード※3」これら全てリン酸塩である可能性が高い。

あとコンビニやスーパーの弁当のハンバーグなど肉系のおかずにもたっぷりリンが練り込まれている可能性が高いが「一括表示」という法律のためやはりリン酸塩という表記は省くことができる。


なぜこんなに使われるのかというと、リン酸は食品添加物として風味や食味を良くするという特徴があるからだ。

リン酸を大量に入れる事で手軽においしくする事ができる。コンビニのおにぎりや総菜が時間が経ってもおいしいのはそれなりの理由がある。


ちなみに自分は中食と外食、あと市販のお菓子やめたらリンはすぐ下がった。




※1)白米に防腐目的で使う酸味料は「酢」の場合もあるが、より安価で酸味を感じさせないリン酸塩を使うのが一般的。
※2)ジュースに使う酸味料はクエン酸が多いが最近はのどごしを良くするためリン酸塩を使う事が多くなってきている。一例を上げるとサントリー「なっちゃん」などは元のオレンジ果汁に入っているリン酸よりリン酸の量がかなり多くなっているのでおそらくなっちゃんに表示されている「酸味料」とはリン酸塩の事だろうと推測される。
※3)イーストフードの場合はイーストフードを増量するのに使われる。これも表示義務は無い。

その他の透析ブログは
↓こちらをクリック

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ




スポンサーサイト

 リンコントロール

0 Comments

Leave a comment