目指せ透析40年!まだまだ生きる。

日々の透析の雑感や透析情報など

終末期の人工透析、中止広がる

20140102_633508.jpg


終末期の人工透析、中止広がる(ヨミドクター)

今日のニュースより
以下記事一部引用

”終末期の患者らの人工透析の導入を見送ったり、中止したりした経験のある医療機関は、2014年以降で約半数に上るとする調査結果を、日本透析医学会理事で川島病院(徳島市)副院長の岡田一義医師がまとめた。

 透析の導入見送りや中止の広がりが全国規模で明らかになったのは初めて。横浜市で開催中の同医学会で17日に発表した。

 全国の透析実施医療機関から無作為抽出した1407施設に、昨年12月から今年1月にアンケートを行い、510施設が回答した。

 そのうち、14年6月~16年11月に透析の導入見送りや中止の経験があると答えた医療機関は240施設(47%)だった。患者数は893人で高齢者が90%、認知症が46%だった。”


引用以上

まあ終末治療の一部としての透析なら中止はわかる。だが記事を読んでいると終末治療でないにもかかわらず治療を拒否してそれが医療機関に了承されるというケースも少なからずあるらしい。

僕はこの傾向はいい事だと思う。透析が嫌だといって医療者が説得する。だが医療者とて所詮他人、透析を受ける者の苦痛など理解できるはずも無い。人によっては本当に死んだほうがましだと思い透析を受けている人もいるかもしれない、いや、いるだろう。そういう人たちを表向きだけの偽善とロジックで丸め込んで透析を受けさせる事がはたして当人のしあわせにつながるのだろうか、と。

自分は基本的に生きてるだけでまるもうけ的な考え方なのでよっぽどのことがないかぎりやめる事は無いと思うが「生きてるってことだけで素晴らしいんだよ!君も頑張ろう!」などと頭の悪そうなセリフを他人にはくつもりはない。世の中には色んな人と色んな価値観があるしそれを認め合うのが成熟した社会というものだ。

生きる=正義ではないのだ、多分。


生きる権利はもちろんあるが、死の形を選ぶ権利もあってしかるべきだとおもう。

人間らしく生き、そして人間らしく死ぬために。


その他の透析ブログは
↓こちらをクリック

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ







スポンサーサイト

 ひとりごと

0 Comments

Leave a comment