目指せ透析40年改め50年!まだまだ生きる。

日々の透析の雑感や透析情報など

透析患者は「太るため」の筋トレを

※最初に断っておきますが透析患者にもいろいろな疾病を併発している場合がありますので
ここでは腎臓以外に障害がない事を前提として書いています。

透析患者が健康に長生きしたければ筋肉を付けて「太る」ことがひとつの方法と言われる。


で、健康な人の場合には

1)カロリーを充分取る
2)タンパク質をたくさんとる
3)週3〜4回の高負荷トレーニング(長時間できる有酸素トレーニングではない)

具体的には

例えば50歳〜69歳の男性の基礎代謝=1400kcal
これに週3〜4回運動する場合基礎代謝×約1.6=2240
そしてそこから体重を増やしてゆくには約+500Kcal
つまり50歳〜69歳の男性が運動を週3〜4回して体重を増やすには

約2700kcal必要

そしてタンパク質は体重×2(g)のタンパク質摂取が望ましいと言われる。

----------

これを透析患者にあてはめて自分の体で1年半ほど実践の状況は
(本人身長174cm-体重60kg-年齢52歳-男性)

透析患者はさすがにリンとカリウム問題があるのでタンパク質でカロリーは増やせない
なので自ずと使えるのは炭水化物と油脂。
とはいえ白米をむやみに増やしてもまあ健康上どうかという疑問もあったので
不飽和脂肪酸(オリーブオイルとか亜麻仁油とか)を増やしたりはちみつでカロリーアップとかしてなんとか2400Kcalまでもっていった。

そして運動はカロリーを無駄に消費しないよう「短時間」で効果の出る「タバタトレーニング」を採用

タンパク質に関してはとりすぎるとBUNの上昇など透析患者は弊害があるので体重×1.6(g)までに押さえた※1。そしてタンパク摂取によるリンの上昇を防ぐために摂取タンパクの10%をリン・カリウムがほぼゼロのエンジョイプロテインという粉末タンパクで補った。


------これを一年半ほど続けた結果------

体重は約3.5K増加
筋肉量はスタート時に比べて120%の増加(クレアチニン産生速度で測定)

以上あくまで「個人的」な筋トレの成果報告でした。

なにかの参考になれば幸いです。

※1)透析患者のタンパク摂取量は一般的に(体重×0.7〜1.2)g 程度が望ましいと言われているが、当クリニック医師のの監修のもと自分は(体重×1.6)g まで増やし、BUNの上昇も許容範囲内だったのでこの量ですすめた。ただしこれに関しては個人差があると思われるので試す場合は慎重に




先にも書きましたが透析条件や透析に至る疾病などで条件は千差万別です、トレーニングとカロリー調整はは必ず医師と相談の上で。


その他の透析ブログは
↓こちらをクリック

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ




スポンサーサイト

 トレーニング

0 Comments

Leave a comment