目指せ透析40年改め50年!まだまだ生きる。

日々の透析の雑感や透析情報など

1500万円!のポータブルエコーに助けられた話

自分の血液を採るシャント枝はシャントじゃなくただの静脈という話をしたが、昨日の穿刺で久しぶりに穿刺失敗。

で、ヤバい事にその日は副技師長もこのボタンホールを作った人もいない。

穿刺時間一時間を過ぎても成功しない

もう穿刺の終わった技士たちも集まってきてオレのベッドの周りでワイワイやってる、なんかアイドル状態(笑

進退窮まって「うーん、アレ使うか」「アレですか」

そして別室からガラガラと運んできたのは先週ウチのクリニックに入ったばかりの最新鋭エコーマシン

これで穿刺しながら血管のドコを針が進んでるかチェックしようというわけだ。

だがこのあいだ買ったばかりなのでうまく操作ができない(笑

何人か入れ替わり立ち替わり操作をした結果ようやく画像が出てきた

出てきた画像を頼りに血管へなんとか針を入れるが。。。

そうすると驚きの画像が!

いままで1本だと思われていた血管が実は途中で2本に分岐しており
その分岐している場所のちょい手前で針を止めないと充分な血液が採れないのだ

つまり

2本分の静脈血が採れてたから静脈でも300回せていた訳で、それより奥へ針を進めると血管が一本になり採れなくなるということらしい。

とはいえじゃあ針を抜き気味にしたら採れるのかというとそうではないところが謎として残されたが、まあよしとするべきなのか。


穿刺後、後処理をしてくれている技士がこっそり「自分あのエコー借りパクしようと思ってるんですよね(ニヤリ)」

それを聞いた別の技士

「やめときなさいよ(笑)あれ1500万するんだから」

その他の透析ブログは
↓こちらをクリック

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ



スポンサーサイト

 ひとりごと

0 Comments

Leave a comment