目指せ透析40年改め50年!まだまだ生きる。

日々の透析の雑感や透析情報など

透析効率と血液の再循環



いつもは左右の手を使って透析してるので再循環(Vから出た浄化済み血液がA側に流れ込み透析効率が下がる事。詳しくは→こちら)はありえないのだが、今日は左手だけで透析して、おまけにV側血管がA側より手元側にあるという状況。

まあ自分の場合、A側はシャントから血液を採ってるが、戻すV側は諸般の事情でシャントでなく普通の静脈へ返してるので理論的には再循環は起こりえない、はず。


だが、今までの経緯から自分の血管はちょっと常識はずれなところが多々あるらしいので念のため再循環チェックをしてもらった。

ウチの機械は日機装のDSC-100NX、コレがなかなかの優れもので光を利用して再循環率を計る事ができる。

透析開始より1時間目に計測。

再循環率4%

技士たち「おぉぉー」と軽いどよめき。

「4%といえどなんで再循環してるんだ?」

ちょっと納得いかない風の技士、まあ再循環してると言っても4%だしまあいいんじゃないかな?と。原因は不明だが


気になったのか3時間後にまたきて「ちょっともう一回計ってみていいですか?」

もちろん計ってもらった。


そしたらさらに驚きの結果が!

なんと再循環率が8%に増えてる

さらに謎。。。。。。。。

まあどうしようもないし、8%程度なら(以下略)ということで続けた。


で、もやもやした気持ちで続けたら終了間際に、すみません、もう一度。。。

計ってもらったらこれまた驚愕の結果



なんと




再循環率「0%」(笑





今までのは何だったんだろう、とりあえず機械の誤差?ということですまされそうな感じなんだが、、気になる。

その他の透析ブログは
↓こちらをクリック

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ


スポンサーサイト

 シャント

0 Comments

Leave a comment