目指せ透析40年!まだまだ生きる。

日々の透析の雑感や透析情報など

透析患者はクレアチニンとBUNを上げろ!

_DSC7698.jpg

変ですか?

最近透析になられた方は透析になる前、さんざん激しい運動を控えてクレアチニンを上げないとかタンパク質を控えてBUN(尿素窒素)を上げないとか言われてきたと思うのでちょっと以外かもしれないが、いったん透析に入ると両方とも逆で積極的にタンパクを採ってさらに運動で筋肉をつけてください、と言われるはず。

最近の透析は透析効率がいいので積極的に栄養をとり運動をしてしっかり透析、というのがトレンドだ。

ウチの施設ではBUNは90くらいまでOKでクレアチニンも15くらいまで上げてもいい(男性の場合)といわれてる。

透析導入前だとタンパクの量はおそらく体を維持する最低ライン1kg当たり0.6g/日を目安にしてた方が多いと思うが、透析中の自分は現在体重の1.5g/日まで上げて透析前BUN80~90くらいで推移、クレアチニンは週2回のハードな筋トレで透析前クレアチニン13〜14くらい。

ただし毒素をこれだけ上げるには透析効率を1.6kt/vまで上げてしっかり毒素を抜く事が必要だ。

BUNとクレアチニンの数値で言うと

透析前BUN(〜90)→透析後BUN(20以下)
透析前クレアチニン(〜15)→透析後BUN(3以下)

ぐらいの透析が理想らしい。

自分もこれを意識してしっかり食べしっかり運動するようになってからみるみる体の調子が良くなってきた。

透析導入が遅いと予後がよくないと言われるのはこういうことも関係してるかもしれない。つまり透析導入前は尿毒素の値が健常人より高い上にタンパクが十分とれないので栄養状態も悪い、さらに筋肉を増やすためのトレーニングもできない。

たしかにこの状態が長く続けば体にとっては大変な負担だろう。
透析導入を引き延ばすより透析を導入し健康的な生活を送るというのもひとつの選択肢だと思う。

※透析の方法や栄養の採り方、運動の方法などは個人で違いますので主治医の方とご相談ください。




にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

 透析と運動

0 Comments

Leave a comment