目指せ透析40年改め50年!まだまだ生きる。

日々の透析の雑感や透析情報など

今日の透析、シャント閉塞の危機?



もともと自分の場合シャントじゃなくただの静脈から血をとっているのだが最近どうも取れが悪い。

血管の一部に瘤ができて穿刺時にそこに先当たりして取れなくなる。

先週とうとうどうにも取れなくなって上腕をしばりなんとか回した。

さて今日はどうしたものかと

A直(動脈に直接さす)か?

と思ってたが穿刺者と協議の結果とりあえず刺しいてみる事になった。

刺してみたがやはりとれない

長い針を使って突き抜けさすといいのだがウチの病棟にはロングのPL針がない、先の尖った普通の針でやればいいかもしれないが普通の針では瘤の部分で血管を突き抜ける恐れもある。

それは勘弁してもらった

そこでふと思いついたの返血用のPL針は長いのがあったはず、と思い出しそれで一度開通させてはどうかと提案し採用。

返血用のPL針は穴が少ないので血流がそれほどとれないはずなので、刺したあとに一回抜いて穴の多い採血用のPLに差し替えるという作戦。

はたしてやってみると「ぷつっ」という感触とともに針がとおった。

案の定けっこう血がシリンジに出てきた。

けっこう出がいいのでそのまま機械につないでもらい試しに回してみるとけっこう取れるではないか!

100、160、200、回転数を上げていく。

ついにいつもの250まで回った!

技師達は返血用のPL針じゃ絶対そんなに取れないと言っていたが今回もあっさり覆された。


いやーよかったよかった。

問題は次回どうなるかだな、乞うご期待。

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

 シャント

0 Comments

Leave a comment