目指せ透析40年改め50年!まだまだ生きる。

日々の透析の雑感や透析情報など

オトナのアップルジンジャー、プラーバック



昨日の夜はいつものバーで一杯

まだまだ寒い日が続いてるが昨日ははじめの一杯はスカッとしたのをまず飲みたかった。

ラムコークじゃ芸が無いしスプモーニはおしゃれすぎ、か。

考えた末リンゴのブランデーカルバドスとジンジャエールのカクテル「プラーバック」を頼む事にした。

バーテンに「プラーある?」と訪ねるとありますよ前田サン、と返された。プラーとはカルバドスの中でも定番の「ブラー グランソラージュ」というカルバドスだ。

これをジンジャエールで割るわけだがやはりプラーで作るとリンゴの香りがいい。

リンゴから作ったブランデーがカルバドスと呼ばれるわけだが実際カルバドスと呼ばれるのはフランスのCalvados地方で2年以内の若いシードル、つまり香りが強いシードルを蒸留して作ったものだけがカルバドスという名を使う事ができ、それ以外はアップルブランデーと呼ばれる。

そのカルバドスの中でもプラーは定番中の定番、そしてプラーバックは「プラー」と名がついてrくらいだからやはりプラーを使って作ってもらいたい。

一般的なレシピは カルヴァドス45ml、ジンジャーエール適量で最後にレモンスライスをのせるが、リンゴの香りを楽しみたかったのでレモンは抜いてもらった。


バーテンに「ロングカクテル頼むの珍しいですね」と言われたがまあそういう夜もある。

あ、前回記事のシャント問題。解決してまた取れるようになって一安心、ご報告まで。

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村








スポンサーサイト

 

0 Comments

Leave a comment