目指せ透析40年改め50年!まだまだ生きる。

日々の透析の雑感や透析情報など

最高!オレの作るワイルドハンバーグ


急にハンバーグが食べたくなった。

基本ハンバーグはウチで作るのだが(ファミレスクラスのハンバーグで自分が作るハンバーグよりうまいハンバーグを食べた事が無い。なので外で食う気がしない)今日はちょっと趣向を変えてみた

「卵とパン粉を入れないハンバーグ」

もともとハンバーグというのはそういう物らしく、外国のハンバーグは一般的にそんな感じ。

前々から思っていたのだが、日本のハンバーグはほとんどが「つくね」であると。ニクニクしさのかけらも無ければ肉のワイルドさも無い。

それに日本のハンバーグが卵やパン粉・牛乳入れるようになった理由は「肉が高かった」時代に考えだされたレシピだって知ってました?


オレは今日は「ニクニクしいハンバーグ」が食いたいのだ、断じて「つくね」のような練り製品ではない。

普段作る奴も卵は少なめに、パン粉は牛乳に浸さない(パン粉は肉の旨みを吸う物、牛乳をしみ込ませては肉の旨みをうけとれない)、タマネギは荒みじんで食感を残す、肉は練りすぎない(練りすぎると粘りが出てつくねっぽい食感になる)などしてなるべく肉の食感と旨みをとじこめる手法で作ってきたが今日は久しぶりに原点のハンバーグを作ってみよう。


さて、卵なしハンバーグのレシピ

肉:120g
たまねぎ:約30g
塩:約1g
胡椒などの調味料:お好みで

たったこれだけ

さあ作ってみよう

1)たっぷりの油でみじん切りにしたタマネギを炒める

2)肉に塩をふる

3)冷えたタマネギを肉にまぜこねる(こねすぎない、多少粘りが出てきたらやめる)

4)焼く→中弱火で3分、裏返し蓋をして中弱火で3分、火を消し蓋を取らずに5分蒸らす

以上


この焼きかただと肉汁(うまみ)がほとんど外に出ないので、焼いた後の肉汁を利用して作るグレービーソースが作りにくい。なのでそれっぽいソースは「トンカツソース」に「ケチャップ」少々入れるとグレービーっぽいソースができるよ。


味ですか?

もちろん不味い訳ないじゃないですか、ざっくりした食べ応えのある食感としっかりした肉汁が最高でした♬はっきり言ってつばめグリルのハンバーグよりうまいかも

皆様もお試しアレ


----参考データ----

マエダ式ワイルドハンバーグ1人前のリン・カリウム

肉120g(牛100%ひき肉)のカリウム310mgリン120mg
タマネギ30gのカリウム45mgリン10mg

計:カリウム355mg・リン130mg


参考までに:ファミレスやコンビニなんかのハンバーグは保水性や食味を上げるために「必ず」リン酸入れてあるよ。「リン酸」とは書いてないけどね(ph調整材やその他色んな名前に変わってる)


その他の透析ブログは
↓こちらをクリック

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ






スポンサーサイト

 ひとりごと

0 Comments

Leave a comment