目指せ透析40年改め50年!まだまだ生きる。

日々の透析の雑感や透析情報など

【山羊先生への】東京のホタルを見にホテル椿山荘へ【お手紙付き】



いつものバーで飲んでたらC娘が唐突にホタルが見たいというので

「蛍?国分寺とか?」

「コウゾウさん、23区内で見れるのよ、ホテル椿山荘で」

(マエダその話はどっかで聞いたことがあるぞ。。。と思い話を詳しく聞く)

「夏になるとね、椿山荘の庭でホタルが見られるらしいわよ」(なにその幽霊が出るみたいな言い回しw)


その日はそれ以上話は盛り上がらなかったが、帰ってみて検索するとなかなかのもの。どうせどっかで捕まえてきた蛍放してお茶を濁すくらいの感じだろうと思っていたら、もう戦前から取り組んでて現在は地下水を利用した庭園内の川に蛍を住まわせてるようだ。

とはいえすべてが自生してるわけじゃなく、ホテル内に養殖?してるような場所があってそこで育てて放してるらしい。しかし放したホタルの中には庭園内の川になじんで自生しているものもいるようだが。


そして何日か経ってCちゃんが急に希望した日はマエダは午後透析の日だったが、お嬢さんの言うことは聞いてやらねばならぬだろう、漢としては(歳も離れてるしね)ということで変更申請し午前透析に変えて事なきを得る。変更申請したのが前日の夕方wだったが無問題。このへんのゆる~い感じもここのセンターを離れられない理由なんだよね。


さて、後日神楽坂で落ち合ってそこで夕食を食べそのあとタクシーで椿山荘へ。

ホテルバー好きのマエダだが、椿山荘はアウトオブ眼中。ちょっと立ってる場所が田舎臭いんだよね、ホテルバー巡りは街の雰囲気も楽しむものだから。


タクシーで着いてみて驚いた、門からエントランスまでが結構ある。さすが23区の片田舎にあるだけある(笑)そしてもと結婚式場(いまでもだが)だけあってエントランスも広い!

入ってちょっと面食らっていたらおねえさんが近づいてきたので蛍はどこで見られるのか聞いてみたら案内された。


暗い階段を降りて庭に出ると、おお!なんだこりゃ、とても23区内とは思えぬ鬱蒼とした木々、彼方に五重だか三重だかの塔が見えるじゃん、なんか神楽坂からタクシーで数十分でいきなり観光気分(笑


で、下に更に降りて川沿いを歩くと下の方にみえる川沿いのしげみに小さく光る点多数。


「おぉCちゃん、あれじゃね?」

「ほんと、見えるわ♫」


拙僧40年ぶりに蛍見てしまったでござるよ、子供の頃に親と見たホタルとは数が比べ物にならないような気はするが美しい、なんかなごむぞ。


かなり広い庭園の中、見られるのは一部だけらしく平日にもかかわらず結構人が集まっていた。が、なかなかよい。


いや、これぜったい一人じゃ行かねーよな。Cちゃん、バーで飲んだくれてるだけである種引きこもりのマエダ(笑)を連れ出してくれてありがとう〜



あ、今日は透析あとなんでちょ疲れてるし汗もかきたくないんでこのあと悪いことはしてません(笑


そんなこと聞いてないって? ですよね〜




【以下山羊先生へのお手紙】(長時間透析ってホントに必要なのか、を再度考える。のコメントへの返信)

山羊先生!そんな恐縮されても困ります〜

いや、なんかすごい的確なコメントだったんでお返事書くまでもないかなと思いまして。。。。。

すみませんこちらこそ変な気を使わせてしまったみたいで。

マエダはここではいい加減なキャラで通してますので(笑)あのくらい茶化していただいてちょうどいい感じです

お気遣いありがとうございました、おちゃらけキャラのマエダにはもったいないお言葉です、はい。

というかピエロのマエダですからもっといじってください(笑

(一応向こうにも書きましたが、昔の記事ですから気づかれないとアレなのでこちらへも転載)


その他の透析ブログは
↓こちらをクリック

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ




スポンサーサイト

 恋愛

1 Comments

山羊  

ご返信をどうも

マエダさんへ

わざわざご返信を告知いただき、ありがとうございます。
あれを、悪くとられていたのではなくて、安心しました。
マエダさんのブログは興味深いテーマが多いので、
今後も楽しみに、拝見させていただきます。

2018/06/13 (Wed) 22:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment