目指せ透析40年!まだまだ生きる。

日々の透析の雑感や透析情報など

一年間筋トレの結果、15%筋肉量アップ



今日定期の血液検査の結果が出たのでひさしぶりにクレアチニン産生速度という筋肉量を知る事ができる指標を計算してみた。

クレアチニン産生速度とはこちらのCKD計算ツールで知る事ができる。

これが110%以上だと予後がいい、平たく言えば長生きができると言われている。

最初調べた時は99%でかなりへこんだが、筋トレと粉末プロテイン(リンとカリウムの少ない医療用)を併用して前回調べて107%、そして
今回の結果は114%とかなり好結果が出た。

いやー透析やってても筋肉ここまで増やせるんだね、ていうかまだまだ増やすつもりだが。

筋トレの基本、食事半分筋トレ半分といわれるように筋トレだけではダメで高タンパク食も同時にやらないと効果が薄いと言われている。

透析患者の場合タンパク質を増やすとリンとカリウムが上がるのだが、そこはリンカリ共に少ない手羽先やタコで摂取して足りない分をエンジョイプロテインという粉末タンパクで補った。一日のタンパク量は透析患者に許されている体重×1.5倍まで摂取している。筋トレで効果が出せる最低限のタンパク量だ。ただ尿素窒素の増え具合から見るとまだ増やせそうな感じなのでもう少しいってみようと思う。

肝心の筋トレだが実は透析患者は容態が安定してれば運動制限は無い。

よく言われてるのはシャントのあるほうの手で重い物を持たない、と言われているが病院によっては全然そんな制限はなくてシャントに直接衝撃を与えたりしなければいくらでも重い物を持っていいという病院もある。

ちなみにウチの病院がそうだ。

なので現在筋トレメニューは上半身トレーニングに90kgのベンチプレスと片手15kgのダンベルトレーニングをしてるが血管の状態に全く問題ない、それより血管が育って以前より血液がよく取れるくらいだ。

そして筋トレは今流行りのタバタ式という高強度インターバルトレーニングを週5〜4回、これはかなりキツいトレーニングだが一日4分だけというところが気にいり続けている。

最初は一日4分で変わるのか?という気がしてたがはっきりいって以前一日30分のウォーキングをしてた頃より体力がついた、というか一日30分も使ってたのにウォーキングの効果は全くなかった。やっぱり人体は倒れるくらいまで追い込まないと成長しないんだなあと思った、実際そうらしいしタバタトレーニングもたった4分だが終了時にはいまだに倒れ込むくらい疲れてる。

筋肉が増えた結果か最近疲れにくくなったような実感がある。透析直後でも仕事が普通にできるようになったし。

さてまだまだ増やすぞ。

※本人にとって適切なトレーニング、タンパク量は個人差があります。ご利用は主治医と相談の上計画的に


にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

 透析と運動

0 Comments

Leave a comment