目指せ透析40年!まだまだ生きる。

日々の透析の雑感や透析情報など

透析患者は生野菜や生フルーツをたべてはいけないのか?

20130427_234197.jpg


透析って毒素と一緒に水溶性のビタミンも抜けるのに
野菜とかを水晒しして水溶性ビタミンを抜いて食べるというのはどうなんだろう。

まあ普通カリウム抜きのため野菜は水晒しするんですけど
カリウムの量で言えば野菜より肉や魚のほうが多い。

実際のところ栄養士としては
肉や魚でしっかり栄養を取って、野菜は食べなくても死にはしないから
肉や魚メインで献立を立てて野菜は添え物というスタンスだと思う。

しかしね

例えばここ、JAとりで総合医療センターの透析食を例に出すと

-朝-
パン
スクランブルエッグ
ヨーグルト
もも(缶詰)
-昼-
ごはん
ミートローフ
中華風酢の物
さつまいものオレンジ煮
-夜-
ごはん
魚ときのこのホイル焼き
コンニャクと野菜の炒め
酢レンコン

これでカリウム1938mgらしい

こんな献立でカリウムほぼ2000mg!
ダメでしょう、これ
問題は昼に入ってる「さつまいも」と夜の「レンコン」
この2つこそ透析患者がたべちゃいけない物だと思うんですよね

はっきりいってこの2つは透析患者がカリウムが多いので食べないように言われてる「バナナ」よりもカリウムが多い。なぜメニューに入れられているのか謎だ。さつまいもはカロリーがとりえなので別に米や小麦で代替できるしレンコンにいたってはそれほど栄養があるわけでもないのにわざわざメニューに入れる意味が分からない。まあ両方とも食物繊維がとれるという理由かもしれないが食物繊維だったらカリウムが低くてよりたくさん取れる食材はいくらでもある、たとえば酢漬けのラッキョウとか。

こういう献立をつくって「生野菜や生フルーツ」は食べるな、という指針はいったいどこから来たのだろう。

これに関してウチの栄養士に疑問をぶつけてみたが明確な解答を得られなかった。前からそうなってる、みたいな?例に出したJAとりでのメニューに関してはさつまいもやレンコンが入ってるのは高齢者の嗜好に合わせたためじゃないでしょうか、とのこと。うーん、すっきりしない。

念のため自分の生野菜生フルーツ入り食事メニューを見せて審査してもらったが問題なしと言われた。主食-タンパク質-脂質のバランスも悪くないしうまくいってるのならいいんじゃないでしょうか、とのこと。

参考までに自分のある日の一日の食材

押し麦(生)ー27g
パン−55g
うどん−240g
こめ(生)ー64g
砂糖−10g
くるみー10g
かいわれ大根−60g
たまねぎー100g
もやしー200g
葉葱−5g
らっきょう(酢漬)−25g
パイナップルー100g
ブルーベリーー50g
マンゴーー30g
あさりー50g
たこー40g
牛カルビー100g
鳥手羽元ー40g
卵ー55g
しょうゆ−10g
米味噌−7g
酒粕−40g

これでカリウムは1600mg

生野菜はタマネギ、もやし、かいわれ大根、らっきょうで計390g
生フルーツはパイン、ブルーベリー、マンゴーで計180g

一般的に言われている透析患者の1日のカリウム量2000mg※⑴には400mgも余裕がある
400mgといえばバナナ1本は楽勝、みかん(中)だと3個は喰える(笑

しっかり計算し、食材を選べば透析患者でも生のフルーツや野菜を毎日堪能できる、と思う。もう5年も続けてるので。


※⑴透析患者の一日のカリウム量は施設によって1500mgとされているところもありばらつきがある。

※生野菜や生フルーツを食べる事を推奨しているわけではありません。カリウムに対する体の反応には個人差があります、実行する場合は医師と相談の上で。すでに血液検査でカリウムが高い人などはもちろん食べるべきではない。

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

 透析と栄養

0 Comments

Leave a comment