FC2ブログ

目指せ透析40年改め50年!まだまだ生きる。

日々の透析の雑感や透析情報など

自分が死ぬというビジョン



こんばんは!マエダです。


前前回書いたが、とうとう透析50年時代、そしてまだまだ伸びるはず

いまや透析患者が平均年齢に達してもまったくおかしくない。

というか、それ以上も普通に目指せる時代?



そうなってくるとだな、死に対するビジョンも変わってくる。



マエダなんか、透析はじめたときはHDの4時間だったし右も左もわかんなくて「そうか、オレは10年で死ぬのか」なんてクダラナイセンチメンタルに浸っていたものだが、透析のコツを掴みオンライン透析に変わり、QBとヘモダイアを自分が決められるようになって透析効率をガンガン上げていくと別世界、今や「オレもしかして不死なんじゃね?」くらいの体調(笑)


いや、死ぬよ。不死なんて馬鹿なことが起こるわけもなく、死に直面しなければいけないようになるだろう。


理想の死に方はやっぱり「老衰」かな

調べてみると、透析患者も結構老衰で死んでるのね。そりゃ90超えで透析はじめてたら透析以前に老衰の危険のほうがおおきいんじゃね?。そして死にそうになったら病院に入院で死ぬってこと?


それはいやだなー


前にも書いたことがあるが、マエダ病院のベッドで死ぬのだけは絶対イヤだ。

そんなところで死ぬのなら暴漢にでも路上で刺されて死んじまうほうがマシだ(個人的意見です)


希望はもちろん老衰なんだけどさー、自分の家で死にたいね。

アレだ、透析離脱ってやつね。(在宅透析はパス)

まあそんな死にそうな歳になったら普通に離脱の許可も出るだろうよ。


問題はその後だな。


いろいろ調べてみると、透析離脱の末期のときに現れる呼吸困難。こいつがどうやら一番苦しいらしい。

で、患者によるとその苦しみを和らげるためモルヒネが使われるらしいが


「モルヒネで安楽死したい」


以上、これ以上は書かない。オレが死にそうになる頃には日本でも自発的安楽死が法制化されることを切に願う。






参考「長尾和宏の町医者だから言いたい!」
   1906「モルヒネで安楽死させて!」





その他の透析ブログは
↓こちらをクリック

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ








こいつも忘れるな!


スポンサーサイト



 ひとりごと

0 Comments

Leave a comment