FC2ブログ

目指せ透析40年改め50年!まだまだ生きる。

日々の透析の雑感や透析情報など

90歳のおばあちゃんの憂鬱



まいど、マエダです

きのうのイタリアンのレストランバーで、カワイイ娘に相談された。

ああ、バイトのゆかちゃんね。


マエダがカウンターに一人座って飲んでいると、すすすと近づいてきて耳元で


「まえださん、今病院混んでますか?」


わ、びっくりするやんけ、ゆかちゃん、おじさんはジェントルマンだからいいけど、ほかのおっさんにそんなことしたらあぶないぞ、もー、天然なんだから。

まあ、そこがカワイイんだけど。




いや、そんな話じゃなく、この店のスタッフはマエダが透析してるのを知ってるので、病院に詳しいかと思い聞いてきたんだろうな。

そうそう、普段透析をやってることをバラしてないマエダだが、この店ではおおっぴらにしている。まあそれだけ居心地がいいってことなんだな。



どうやら、ゆかちゃんには90歳のおばあちゃんがいて、コロナのワクチン接種券がとどいたらしいんだけど
おばあちゃんが病院に行きたがらないらしい。

まあそりゃもっともだ

病院に行ってコロナうつされたりしたら目も当てられねぇ


マエダ、答えに困ったが、まああんまり混雑してないよといい、マスクと帰ってきてからの手洗いで大丈夫なんじゃないかなぁと当たり障りのない答えを言っておいた。

もう誰も政府を信じちゃいないからね、おばあちゃんの心配ももっともだ。





そうそう、この前朝日新聞が、アストラゼネカ日本法人に「いつ国内でワクチン製造できるんですか」と聞いていたが、やはり厚生労働省の審査が遅れているのが原因だそうだ。

「国産ワクチン」いつ打てる? アストラゼネカに聞いた(朝日新聞アピタル)

そして直球で「米国で承認されていないことが、日本の審査に影響を与えていませんか。」と聞いていたが、政治家みたいに全く答えになっていない回答をしていた。

こうやってはぐらかすということは、やはり米国の圧力もあるんだろうな。要するにアメリカからしてみれば戦略物資を日本が手に入れないようにして、日本をコントロール下に置いておきたいわけだ。


左を見れば赤い連中の妨害、右を見ればアメリカの圧力。


この国は本当に独立国家なんでしょうかねぇ?


DSRc60JU8AAqcx-.jpg


その他の透析ブログは
↓こちらをクリック

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ











こいつも忘れるな!



スポンサーサイト



 ひとりごと

0 Comments

Leave a comment