FC2ブログ

目指せ透析40年改め50年!まだまだ生きる。

日々の透析の雑感や透析情報など

たまにはフレンチ


いつものデートはイタリアンが多い

何故かというとイタリアンは素材をそのまま調理してる物が多く、見ればだいたい何使ってるかわかるので栄養計算なんかもざっくりわかる。

しかフレンチは強敵だ(笑

いったい何を使ってるか分からない場合がままある。

もしわかっててもたとえばスープ

人参のピューレとかエンドウ豆のなんたら(よくわからん)とか危険の食材を大量に使った料理もかな〜りある。

そんでもってコースの場合が多いので、スープ飲み干さないと次が来ないよ!ということもよくあるわけだ。

そういうわけであまりフレンチはチョイスしないのだが、それでも彼女がフレンチが食べたいと言えばなんとかしなければいけないのがつらいところ


そこでマエダ、チエを絞りア・ラ・カルトで気軽に注文できるところを探した

ア・ラ・カルトとはフルコースではなく一品ごと、もしくは「前菜(オードブル)1品」+「主菜(メイン)1品」で、これに「デザート」を自由に選ぶシンプルな方法。

これなら危険食材を回避してなおかつ完食し食べれる漢を演出できるという訳だ


さてこれに白羽の矢を立てたのは東京の巴里と呼ばれる「神楽坂」

ここはフランス大使館やフランス語学院などがあり気軽なフレンチの店が多い

季節もいいのでテラス席のあるこじんまりした店を選んでなおかつ事前予約、仕込みは万全。


以下次号ーさて神楽坂のフレンチの実力はいかに?


その他の透析ブログは
↓こちらをクリック

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ






スポンサーサイト

 恋愛

0 Comments

Leave a comment