FC2ブログ

目指せ透析40年改め50年!まだまだ生きる。

日々の透析の雑感や透析情報など

「1日30品目を食べよう」という標語はいつのまにか廃止されていた


いやね、オレも最近知ったんだけど「1日30品目を食べよう」というのは、1985年に厚生労働省が食生活指針として示したもので、2000年に「1日30品目を食べよう」は既に廃止されてるらしい。



以下三石巌先生の著書から引用。(三石巌=分子栄養学を提唱した学者)

「30品目」という数字にはなんの根拠もない。たしかに30品目を食べれば、さまざまな栄養素を摂取できるが、そこでは栄養の絶対量がまったく考えられていない。単なるおおさっぱな数字にすぎないのである。
そもそも人間に必要な栄養素には個体差がある。すべての日本人に当てはまる栄養のノウハウなどあり得るはずもない。「1日30品目」はおおまかな目安。そこにこだわり、がんじがらめになるのではなく、栄養の絶対量を正しく知って、バラエティ豊かな食生活を愉しむことが大切だ。

引用:健康常識100のウソ 間違いだらけの「家庭の医学」


つまりカロリーオーバーにならないように30品目も食べようとすると少量ずつになり微量栄養素の(亜鉛とかセレンとか)必要量を満たすことができなかったりすることが懸念されるということ。

そしてさらに衝撃の事実、こんな話もある

1985年に厚生省が「1日30品目」を提唱し始めた理由は栄養バランスではなくなんと「癌のリスク」を下げるためだというではないか!どういうことかというと、偏った食生活をしていると、いつも食べている食品に発ガン物質のような体に悪い成分が含まれていた場合、それがどんどん蓄積されてしまう。逆に、食品の種類が多ければ、それだけリスクを分散できる。だから、なるべく数多くの食品を食べるべきだ、
と考えたという話がある。



で、旧厚生省の担当者の実際の文言(『日本食文化テキスト』より)

2003年3月、厚生省(現厚生労働省)は農林水産省、文部省(現文部科学省)と連携を図って、あたらしい食生活指針を策定・公表したが、その食生活指針では「主食、主菜、副菜を基本に食事のバランスを」とあるだけで「一日30品目」の表現は削除された。厚生省の担当者は「30の数字を絶対視して食べすぎてしまうことがありかねないので誤解を避けるため数値表示をしなかった」のだという。

つまり1985年に提唱された30品目はしばらくして実際にやってる人をリサーチした結果、大多数の人がカロリーオーバーに陥ってることがわかり、2000年にひっそりと(笑)標語が取り下げられたということ。


じゃあいったい我々はどうすればいいのか?やっぱり数字があったほうが安心というかわかりやすい。

それについて現在いろんなことが言われてるがだいたいよく見るのは一日15〜20品目くらい食べてれば大丈夫というものが多いように感じる。

とはいえ重要なのは数ではなく「内容」

穀類・マメ製品・魚介・肉類・乳製品・卵・果物・海藻類・きのこ類・イモ類・緑黄色野菜・淡色野菜・油脂、などの13種類をバランスよく食べろというのが重要。つまり鯖とホタテを食べたから2種類というわけじゃなく鯖とホタテは同じ「魚介」だからひとつとしてカウントという風に。ちなみに30品目の時は食材の種類でカウントしてたはずだ、例えばひじきと寒天とわかめ食べたから3種類ね♫という風に。内容で考えるとひじきと寒天とわかめはすべて海藻類なので一つとカウント。

こうして種類数ではなく食品群でカウントし「なるべく」いろんな群のものを食べるというのが最近の主流。

ま、透析患者がこのままの法則でいけるかといえば答えは否かもしれない


ちなみにマエダは乳製品・きのこ・イモ類を基本的に排除している、カリウムやリンの高いこれらを排除してタンパクを増やすためだ(絶対に食べないわけじゃない、マエダみたいにアホのようにタンパク摂取しなければフツーに透析患者は食べられる)
透析でアルブミンが抜けてしまう高効率透析患者には致し方ないことだと思っている。

ちなみにそのおかげ?でアルブミンは4.3をキープし、なおかつ中性脂肪は低空飛行。

おまけにマエダ、最近は準糖質制限食で油の量(n-3だが)めっちゃ多いし。こんな記事書いておいてなんだが、現代の健常者用スタンダードな栄養学からはかけ離れている(笑


しかし自分も30品目病にかかっていたことがあるのでこの30品目は過去のもという記事でちょっと肩の力が抜けた。


そして幸いながらわれわれ透析患者は毎月の血液検査があるので、食事の方法の良否がわかりやすい。

アルブミンやタンパク、中性脂肪や血糖値に亜鉛・銅・セレン・マンガンなどの栄養方面のデータを気にしつつ食事を組み立てていくという事ができるというのは実はかなり恵まれているのかもしれない。
(亜鉛や銅などの微量元素データは先生用データでチェックされてることが多いので殆どの場合聞けば教えてくれるはず)

もう透析患者がリンやカリウムの値が正常というだけで喜ぶ時代はとうの昔に終わってるのかもしれない、特に我々のような高効率透析を受けている患者にとっては。そう、なんでも食べられるからこそいろんな食事法の選択ができるというこの幸せをかみしめよう。

※例によってマエダの個人的興味嗜好による極私的考察です、これを真似してなんらかの不利益を生じる事があっても当方は何の責も追わない事を宣言しておきます。

その他の透析ブログは
↓こちらをクリック

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ



スポンサーサイト

 透析と栄養

0 Comments

Leave a comment