FC2ブログ

目指せ透析40年改め50年!まだまだ生きる。

日々の透析の雑感や透析情報など

カメラの事


最近食事ネタが続いて少々疲れたので今日はマエダのしごとの一部「カメラ」のことについて書いてみようと思う。

マエダはデザイン事務所代表だが10年以上前からカメラマンもやっている。

そのあいだに色々カメラの進歩もあり数年ごとにメイン機種は買い替えてはいるがおいそれと買い替えられない機種もある。

それは「PHASE ONE(フェーズワン)といわれるカメラだ。

いわゆる中判カメラだが、厳密に言うとちょっと違う

カメラというより「カメラシステム」だ


何故かというとバラバラで売られている


ふつうデジカメと言うとカメラを買えばそれだけで撮影できるが、フェーズワンは基本的に「デジバック」といわれるカメラの後ろにつける撮像素子だけで売っているのだ。

もちろんこれも普通のカメラには着かない。昔のハッセルブラッドなど中判カメラについていたフイルムバッグの代わりにつける。


で、肝心のお値段だが


基本的に100万越え(笑)

おまけにそれをつけるカメラがなければそれも買わなければならずそれも60万円くらいからスタート。

そして中判なので35mmなど一般のカメラのレンズは着かないのでこれも無い場合は買う。で、中判は数が出てないので高い、まあこれもおおざっぱに言って60〜数百万かな?


で、マエダはフェーズワンのデジバックを大分前に100万越えで購入し、デジタル用のレンズを60万と30万を一本づつ中古で新調した。

まあ、そんなわけでこいつたち中判システムはおいそれと更新できない。

だがさすがに新型フェーズワンが吐き出す画像を見てしまったマエダ、ちょっと(かなり)心がゆれている。


さすがデジタル、技術の進歩は日進月歩。画素数がどうのこうのじゃなく画像の奥行き感が凄いのよ、うん。


まじ買おうと思ってこの前日本政策金融公庫に金を借りにいったら審査通っちゃたのよね。

さて、ここでホントにかね借りてまで買うべきか。

いや、ちょっと時間をおいて頭を冷やしたほうがよかろう、うん。

その他の透析ブログは
↓こちらをクリック

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ




スポンサーサイト

 ひとりごと

0 Comments

Leave a comment