FC2ブログ

目指せ透析40年改め50年!まだまだ生きる。

日々の透析の雑感や透析情報など

施設透析を在宅透析に近づける方法


これ、マエダの仮説というか妄想?(笑)なので話半分に聞いてください


在宅透析と施設透析じゃもう透析効率からして違いますよね、そこのところ(透析効率)の差はもう埋め様が無いと思うんですよ実際のところ。

じゃあどうするか

その答えは「透析前後のデータの差を少なくして生理作用に近づける」というところにあるんじゃないかと思ってる。

どういうことかというと、在宅透析は頻回透析が可能なので透析直前でもデータはあまり悪くならないよね、グラフにするとこんな感じだ。(週6回透析の場合)

000_20180702005304d79.png



でも施設透析だと回数は週3回の上に中2日空きがあるのでこんな感じのイメージ。

000 2


施設透析で問題とされる事のひとつに、この中2日空きの透析前と透析後の差が大きい事がひとつの問題とされている。ようするに生体の腎臓は24時間働いているからこのように短時間に大きな変動が起こるのは「生理的でない」というわけだ。

000 3


マエダが考えたのはこの施設透析患者の透析前後の「差」を縮小させる事が頻回透析に近づける肝じゃないかと思っている

グラフにするとこんな感じにすればいいわけだ

000 4


実際にはどうするかというと、話は単純で中二日のときの食事を減らせばいいだけの事。食事を減らせば毒素もある程度出ない。

動物性タンパク質などの「毒素」が出やすい食べ物を必要最小限にして、カロリーはしっかり取る。つまりこの2日間はいわゆる「腎臓保存期」の食事をすれば中二日の毒素の増えを最小限に抑えられる。(はず)


実際に最近マエダが始めた人体実験では、

1)タンパク質を減らす分、オリーブオイル摂取を40cc/日→60cc/日に増やしカロリーは確保

2)タンパク質の量は「体重×1.5g」から「体重×0.7」(筋肉量を減らさない最低のライン)に減らす

3)植物性タンパクや野菜は通常より増やす


こんな感じ


1)のカロリーを摂取というのはカロリー不足だと筋肉が分解される、さりとて白米や砂糖は血糖が無駄に上がるので避けたい。というわけでオメガ9系のオリーブオイルや中鎖脂肪酸のココナッツオイルを摂取してカロリーアップ

2)はまあ最低限のタンパクは取っておかないとねということで、腎臓保存期的なタンパク量でやりすごす

3)は肉が少ない分カリウムの不足を補うため(何度も言うが野菜より肉のほうがカリウム高い)。カリウムが低いと筋力の低下や倦怠感を生じる


どうなるかわからんけどね、あくまで素人の仮説だから。2ヶ月くらい経ったらまた結果報告するね!

生きていたらまた会おう!(笑


※糖尿の人の病態は知らんけど、きっとマネしたらダメだと思う。まあ糖尿に限らずこういうアホな事やるときは先生に相談の上でね。もちろんマエダはセンセイとディスカッションの上で実行してるぜ。


その他の透析ブログは
↓こちらをクリック

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ




スポンサーサイト

 在宅透析

0 Comments

Leave a comment