FC2ブログ

目指せ透析40年改め50年!まだまだ生きる。

日々の透析の雑感や透析情報など

サプリは必要なのか(葉酸ってどうなの?)+グリシンについて先生のお返事豪華二本立て

葉酸ってどうなの?+グリシンについて先生のお返事豪華二本立て

昨日の透析のときに院長先生が回診に来て

「マエダさん、この前言ってた葉酸の結果出たわよ」


ついこの前、赤血球の寿命を延ばすためにビタミンEとC、それに葉酸の静注をしていくかと言う話になったがその前に今どのくらいそれらの血中濃度があるか調べましょうということで血液検査をした(まあ当然だが)


「結果はね。。。葉酸はかなりあるわね、通常の倍くらいw」


えー!


葉酸は日本人の食事摂取基準(2015年版)では、葉酸の一日の摂取の推奨量を18歳以上の男女ともに240㎍とされている。そして耐用上限は1000μg
マエダは透析患者のために作られた例のネフビタンKDを飲んでいるのだが、その中にはもちろん葉酸も入っている、そしてその量は一錠「1000μg」(笑
確かに透析患者は水溶性ビタミンである葉酸は出て行きやすいといわれているが「1000μg」、そしてこの血液検査のデータは。。。
。。。オレの葉酸摂取量は過剰ってわけ!?

一応先生はこのくらいならまあ大丈夫ねとは言っているが



先生に色々聞いてみると、透析患者のビタミンやミネラル・栄養なんかは基本的に「食事がとれてれば」それほど欠乏しないんだそうだ。

ネット情報なんかでは透析で水溶性ビタミンが出て行くからどうのこうのという記事がよくあるが(ウチも含めてw)実際の現場ではそういうケースは食事が細いじーさんばーさんか偏食の患者だけだそうな。

それにちょっと考えてみるとわかるけど、基本的に「水溶性」のビタミンは取りすぎると「尿」となって体外へ排出される。ということはだ、透析患者は無尿なわけだから透析以外では体外へ出せない。ということは(あとは言わなくてもわかりますね)

まあそれに、毎月の血液検査データで異常があれば指導が入るはずだけどビタミン関係で指導は指導を受けた事は無い。

あ、患者がもらう血液検査データってのは普通かなりはしょってて、先生用のデータはもっと色々項目がたくさんあるやつがあるのよ。だから「ウチの病院はビタミンの項目が無い!」とかいっていぶかしがらないように、気になるなら先生に聞いてみな。ちなみにウチの病院はすぐ出てくる。


ちょっとサプリに関して色々検討し直そう、やっぱ血液検査のデータを元にトライアンドエラーをくり返してベストな量を決めないとね、それにサプリも安いもんじゃないし。


そしてEとCの件に関しては外部機関に依頼してるらしくちょっとまだらしい、後日報告します。



さて、これまた前に話題にしたアミノ酸の一種「グリシン」

寝る前に服用すると安眠でき、おまけにゼラチンの中に入ってるので結果ゼラチンを飲んでグリシンを摂取するのだがゼラチンは腸でコラーゲンに変化して美肌にも良いので一石二鳥

だが、透析患者はグリシン過剰で、透析患者用栄養補給液からはグリシンが抜かれてる、、、らしいという話を前に書いてその件について院長に相談したら「わからないので調べます」ということになったのが前回までのあらすじ。


「マエダさん、あとグリシンの資料も持ってきたわよ」

「あ、ありがとうございます。こりゃまた難しい。。。」

「要点はアンダーライン引いてるけどね、結局のところよくわからなかったわ(笑」

「えー!」

「でもね、作用としてはアミノ酸の過剰摂取による尿毒物質の産生が問題な訳で、マエダさんが言ってるグリシン3グラムだっけ?」

「はい、ゼラチン換算で約10g」

「ぐらいだったら問題ないと思うわ、食品から摂取する分には特に問題ないと思う」


なるほど、グリシンはOKなわけだね。こりゃ助かる



--以上昨日の透析コネタでした--



その他の透析ブログは
↓こちらをクリック

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ








スポンサーサイト

 サプリメント

0 Comments

Leave a comment