FC2ブログ

目指せ透析40年改め50年!まだまだ生きる。

日々の透析の雑感や透析情報など

今年最初の鱧(ハモ)を食す


毎日暑いね

夏祭りもちらほらやるようになってきた今日この頃

彼女Dが「ハモが食べた〜い」というのでちょっくら店を探した

ちょっと考えたらこの前彼女Bと行ったあの和食屋、あそこはなかなか良かった。そして板長があの銀座久兵衛で修行したととか言ってたなと思い食べログでメニューを検索。

はたしてあった、ハモの炙り。

ここにするか


しかし実はマエダは瀬戸内海沿岸出身なのでハモには縁がない。ハモと言えば京都、京都のハモは瀬戸内海産なのに、だ。

話はさかのぼる事平安時代。雅な人たちが真夏に「新鮮な海の魚が食いたいでおじゃる」などと言い出したので、大きないけすに大阪湾でとれた魚を入れ京都まで運んだが、京都まで運んで生き残るのは生命力の強いハモだけ。

さて、このハモ、実は小骨だらけで食べにくいので瀬戸内海の人は全く食べないが(それにそんな食べにくい魚を食べなくてもいくらでも美味しい魚がある)、せっかくの生きた魚。これをなんとか美味しく食べようと京都の宮廷付き料理人が考えたのが「骨切り」

そしてハモは京都の夏の風物詩となりましたとさ。


そういうわけでマエダはわざわざ鱧は頼まないが彼女が鱧が食いたいとピンポイントでいうなら行かないという選択肢はもちろんない(笑


さて行ってきました東京赤坂のはずれにあるこじんまりした和食割烹


前回と同じ個室をキープ

注文はマエダはなんだか名前は忘れたが米焼酎のロック、彼女はバナナ梅酒とやらにピンときたようでそのソーダ割りをもらう。「バナナ梅酒ってそれは梅酒なのか」と軽くツッコミは入れた。


いろいろ頼んだが目当ては当然ハモ。

ハモが来たが醤油がない・・・そして塩とわさびが添えてある


「これは・・・」


定番はたしか梅肉で食べるはずだが塩とわさびか、さすが板さん普通の鱧は出さないかw


湯引きもなしであぶってあるが、これが塩で食べるともっちりしてうまい。
だいたい鱧は湯引きしてあるのが多いが、これだとはもの油がダイレクトに感じられてなかなかいい。

悪くない

いや、中までほどよく火が通っていたようなので一旦湯引きしてから炙ったのか?まあどっちにしてもうまい。


そしてもうひとつ彼女セレクトが「だし巻き卵」


えーここでだし巻き?と思ったが板長はあの銀座寿司屋久兵衛出身なのでただのだし巻きを出すわけ無いかと思い「いいね」と同調するマエダ


出てきただし巻きは一見なんの変哲もないが、食べてみて感心。だしと卵が一体化してなんというかざっくりした茶碗蒸しを食べてるような感じとでも言えばいいのか。

さすが、家で作るだし巻きとは別物、当然だが



以上、京都の夏の風物詩をおいしくいただいたマエダでした。たまには人の好みに合わせるというのもいろんな楽しみが増えて悪くないな、なんてね。


その他の透析ブログは
↓こちらをクリック

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ








スポンサーサイト

 恋愛

0 Comments

Leave a comment