FC2ブログ

目指せ透析40年改め50年!まだまだ生きる。

日々の透析の雑感や透析情報など

装着型(ウエアラブル)人工腎臓いろいろ


2016年の記事にこんなのがある

ウェアラブル人工腎臓プロトタイプが正常にテストされた
2016年6月14日
wearble-artificial-kidney.png

シアトルのワシントン大学メディカルセンターで、着用可能な小型人工腎臓(WAK)の着用可能な小型人工腎臓(FDA)が実施した試験的臨床試験が完了したと、6月2日にJCIのオープンアクセス論文インサイト。

この研究に登録された7人の患者は、従来の施設内血液透析治療の期間中のケアの評価と比較して、WAK治療期間中の治療満足度が有意に高かったと報告した。

この研究は、ロサンゼルスのCedars-Sinaiメディカルセンターの装置開発者、Victor Gura、MD、および、発明者によって導かれました。この研究は、研究中、血行力学的パラメーターは安定したままで、限外濾過は意図したとおりに達成されました。

kurzweilニュースより一部引用


この記事からもう2年も経ったが続報が聞こえてこない。

こいつはアメリカの研究なのでアメリカといえば腎臓移植、なのであまり真面目に研究してないのかもしれない。

あればなかなか便利なんだけどなあ、
施設透析に比べ透析効率は100%ではないにしても施設透析と組み合わせればかなりQOLは上がると思うのでボストンダイナミクスをソフトバンクが買い取ったみたいにこの研究をどこか日本の会社が買収してくれないかな。

そして実は2014年に日本でも腕時計型の装着型透析機が提案されてるが、これも実験に成功した後音沙汰がない。

その他にも埋め込み型や腹膜透析の原理に近い埋め込み型もあるがこいつはまだ人体で検証されていない。そしていずれも記事は2014年だ
埋め込み型
バッグ埋め込み型

どうなってるんだろうね。


さすがに埋め込み型は負担も大きそうだし、そんなデカいオペするんなら移植でしょう(笑)本末転倒のような気がするのはオレだけ?


気軽にね、シャントから接続して長時間稼働させ、週1回くらい施設で短時間高効率透析をするという組み合わせがいいと思うんだよね、個人的には。


いったい現状はどうなっているのか?知ってる医療関係者の方、いたら教えてほしいDESU!

その他の透析ブログは
↓こちらをクリック

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ



スポンサーサイト

 未分類

0 Comments

Leave a comment