FC2ブログ

目指せ透析40年改め50年!まだまだ生きる。

日々の透析の雑感や透析情報など

酒が不味く感じるようになったら人生終了のお知らせ


透析になったら酒が不味くなった、飲めなくなったという人は多いと思う。


まずは「月刊クリンネス」の記事を抜粋したので見てもらおう

 「最近、お酒が飲めなくなった」、「すぐに酔ってしまう」、「お酒がまずくなった」などと感じることはありませんか。
 加齢に伴って、身体の機能は徐々に衰えていきます。それはアルコールを分解する肝臓も例外ではありません。お酒に弱くなる原因の多くは、加齢によるものです。30歳前後から肝臓の機能は低下してきますが、大量飲酒される方では自覚するのが遅い場合もあるようです。いずれにしてもお酒が弱くなったと感じたら、自覚に逆らわず酒量を減らすのが、お酒と長く付き合えるコツでもあります。
 お酒が弱くなった自覚とともに、疲れが溜まる、ムカムカする感じがいつもある、といったような症状を自覚する場合には、単に加齢の影響だけではなく、肝臓そのものの病気を疑う必要があります。ウイルス肝炎や肝硬変、アルコール性肝炎などが隠れている場合があるからです。
 胃や腸の消化機能が低下しているときにも、お酒が弱くなります。お酒を飲むとよく下痢をする、お腹が痛むといった症状が伴うときは、胃や腸の炎症や潰瘍が疑われます。めまいや手のしびれなどが伴う場合は、脳血管疾患の前兆のこともあります。お酒に弱くなったと感じると同時に何かほかの症状も加わるようなときは、一度医療機関を受診してみてください。


もうひとつ「Share News Japan」より

ある日お酒がまずく感じたら・・・それはある病気の自覚症状かもしれません。
その病気とは、『がん』です。





「今日も元気だタバコがうまい」とは昔のとあるコマーシャルのコピーだが、この言葉ある意味真実を含んでいる。「身体に悪い物は健康でないとうまく感じない(笑)」ということだ

まあ酒は身体に悪いだけではないのだが、飲むことにより身体に一時負担をかけるものであることは確かだ(たとえば肝臓とかに)


---推論すると透析患者が酒が不味く感じたり弱くなったりするようになるのは---

1)透析による老化の促進

2)透析不足による毒素の蓄積

3)透析による筋肉の低下でアルコール許容量が下がる

1は透析のストレスや栄養不足、また1日おきに4時間以上寝ている生活などで代謝が落ちて老化が促進されることによる味覚の変化や消化力・解毒力の低下

2は老廃物が増えることにより体内の肝臓解毒作用なども低下し相対的に酒を受け付けなくなる

3は以前も書いたが筋肉が多いほどアルコール許容量が増える(筋肉に毒素をためこめるため)。逆に言えば筋肉が減るとアルコールに弱くなるということ。


要するに酒に弱くなった、もしくは不味くなったというのは「老化した」もしくは「病気のサイン」ということが言えるかもしれないのだ。


その証拠に(証拠になるかどうかわからないが)マエダも透析10年くらいまではHDの4時間だったがその頃は酒を身体が受け付けなくなった、不味いのだ。

しかしオンラインに変わり5時間になりさらに筋トレまで初めて同年代より120%の筋肉量を手に入れた(%CGRで計測)頃から酒がまた飲みたくなってきた。

おそるおそる飲んでみるとはたして旨い!

筋トレと高効率透析で若さを取り戻すと酒まで旨く感じるようになったのだ。


まあ無理して飲むことは無いと思うが、酒に違和感を感じ出したら老化もしくは疾病のサインかもしれないということは頭の片隅に置いておいてもいいかもしれない。


※酒は透析患者でも肝臓に異常が無ければ肝臓で分解され水と二酸化炭素に変わり毒素は増えないから特に禁止されていないが健康のため(笑)ほどほどに。

その他の透析ブログは
↓こちらをクリック

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ







スポンサーサイト

 

0 Comments

Leave a comment