FC2ブログ

目指せ透析40年改め50年!まだまだ生きる。

日々の透析の雑感や透析情報など

透析中の運動は筋肉を減らす?透析患者における筋肉とアミノ酸の関係



透析中にアルブミンなんかのタンパク質などが抜けていくのはほぼ常識。


血液透析患者は,1 回の透析で 5~8 g の体蛋白構成アミノ酸を喪失するため,体蛋白が 20~30 g 崩壊するといわれている
血液透析患者に対する腎不全用必須アミノ酸製剤のアミノグラムおよび血清アルブミンへの効果より(pdf)


いや、これ大変なことだよ。アルブミンじゃなく「体蛋白が20~30g崩壊する」ってところ。

一日一歩3日で3歩♫じゃないけど透析中に一週間でほぼ100g近くの筋肉が異化するってことだろ?

ちょいまち!100g筋肉増やすのがどんだけ大変かわかってる?(笑


シモン先生のところの情報によりなんとなくうすうすそんな気がマエダはしてたので透析前に蛋白食って透析中は自家製プロテインスムージー飲んでるわけだが、実際にこうして数字が表されると戦慄するものがあるよ、まじで。


さらにこいつは透析中に運動するという昨今の流行りごと、筋肉を増やすという観点から見ると結構な危険をはらんでるんじゃないかね。透析中に運動するならなんらかの栄養補給をしながらやるのが理にかなってるんではなかろうか。


すべての運動は負荷により一時的に筋肉が分解されるものだから、ジムでトレーナーのもと筋トレしてる者は例外なく筋肉が減るのを防ぐため運動前と運動後にカロリーとタンパク質を補給する。

これが強制的に透析で栄養が抜けていく中、なにか食べずに運動するってのは危険じゃね?(しらんけど)


あ、そこのあなた「バカじゃネェの、実際に筋力アップしてんだよ」なんて毒はいてますね、わかりますその気持(笑


ここでちょっと筋トレの常識をうんちくさせてもらうと「筋肥大」と「筋力アップ」はイコールでないのだ。だって筋肉量と筋力(筋肉のパフォーマンス)がイコールだったらボディビルダーはみんな五輪選手ですよ。

そして透析患者に必要なのは「筋力」じゃなくて「筋肉量」(いや、歩くのがしんどいくらい筋力がないのは明らかに問題だが優先順位としてね)

なんでって言われると話が長くなるので端折るが、透析患者の予後を示すデータだと筋肉量は「多ければ多いほど予後がよい」のだ。

あのアルブミンでさえ「5」を超えてくると予後が悪くなるというのにこの筋肉ってやつは増やせば増やすほど予後が良くなるという珍しい奴なのだ。



そんなわけでマエダは最近透析中のスクワットはほどほどにしてる。もともと透析中の30〜60分おきのスクワットは座り続けの弊害を防ぐためのものだったので特に影響ないといえばないような気もするが。

やっぱりトレーニングは透析のない日に高負荷でプロテインとカロリーをとりつつしっかりやるのがいいんじゃないかなんて思ったりした。


次回はアミノ酸の組成と透析患者における過不足問題やるよ〜


※これはマエダの個人的考察、透析中の運動に対して筋肉が減るか否かというのは全く未検証。よってこの記事は街の落書きほどの価値もありません。


その他の透析ブログは
↓こちらをクリック

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ







スポンサーサイト

 筋肉

1 Comments

山の麓  

水分とタンパク質というかアミノ酸は、透析前に取っておいた方が、
私の場合、なぜか血圧が安定します。

おそらく、透析で抜かれる除水量と、供給のバランスがあって、
少量でも、ある程度補給した方が、透析の負担が減る。
体が本来持っている調整幅を、人工透析が超えていて、
血圧の乱高下、透析後の脱力感などが生じると思うのです。

具体的根拠はないのですが、なんとなくの体感です。
透析前にエンジョイプロテインかアミノ酸かビタミン剤を
その日の食事や体調に応じて(頭使いすぎるとビタミンが足りない、
体動いていると、プロテイン補給といった感じで)調整しています。

調整しないとうまくいかないので、日々研究しているのですが、
なんらかの理由で微妙に安定しないというか、いい日と悪い日が
あるのが今の課題で、少しでも悪い日を、あまり悪くない日に
しようと、HP参考にさせてもらって、少しずつ快適な透析ライフ
を目指しています。とても参考になります。ありがとうございます。

2018/08/22 (Wed) 07:03 | REPLY |   

Leave a comment