FC2ブログ

目指せ透析40年改め50年!まだまだ生きる。

日々の透析の雑感や透析情報など

『リエット』って知ってるかい、めっちゃうまいぞ!

f9c60784c9db8303c59365ba93416789_m.jpg


さて、最近先日の情報により動物性脂肪の摂取を考えたマエダ。思い立ったら即実行

まあラードがうまそうで手軽なのでそれで行くことにした、バターでもいいんだけどバター高いんだよね。


王道はやはりチャーハンや焼きそばに使うと文句なくうまいのだが糖質制限食をしてる身ではチャーハンや焼きそばは量が食えない。それに糖質と一緒に油を取るという行為は体脂肪+への道まっしぐら、常食にはできんな。

で、調べてみるとなんとラードはそのまま食べると言う選択肢もあるらしい!ヨーロッパあたりじゃバターみたいにパンに塗るんだとさ。

そしてもう少し調べてみると「リエット」という食べ物があることを発見した。

『豚肉やガチョウの肉をラードで煮込み,容器に入れて固めた保存食』(wikiより)

これもやっぱりヨーロッパの食べ物で、パテやテリーヌと同じ扱いらしい。いや、これうまそうじゃないですか!

さてさて肝心のレシピと作り方を

ふんふん、なるほどざっくりいうと豚肉をラードで煮て固めりゃいいわけだな。

。。。。。ってこれペミカンじゃん!
(過去記事)ペミカン作ってみた、そして食べた



なるほどねー


で、色んなサイト見て調べてみたが、結構みんな作り方が微妙に違う(笑)テキトーでいいってことだなこりゃ。

というわけで作りやすい方法でアレンジしたマエダの1時間クッキング


●材料

豚ひき肉200g
ラード200g
塩3g
砂糖1g
胡椒1g
たまねぎ小1/4個
白ワイン50cc

●つくりかた

1)玉ねぎをみじん切りにしてラードでよく炒める(ラードは分量外)

2)玉ねぎが炒められたら豚ミンチ・塩コショウ。砂糖を入れ軽く炒めワインとラード200gを入れ弱火でしばらく煮る(30分位)

3)ボウルに全て移し氷水で冷やしへらなどでかき混ぜながらクリーム状になるのを待つ

4)完全に固まる前にココット皿などに移し(その際空気が入らないように)表面に薄く溶かしたラードを流し入れ蓋をする。

5)冷蔵庫で保存(冷凍保存も可)

※塩をクレイジーソルトなどのスパイス塩を使うと手軽でうまい、マエダはもちろんクレソルを使った。
※1の段階でみじん切りにしたにんにく半かけほど入れてももちろんうまいと思う。
※味付けは好みがあるので(4)の段階で味見をするのもいいかも、薄ければ塩を振ってまぜればよろしい(いいかげん)



以上、マエダ式簡易リエットの作り方、本物は塊肉を使いいろいろ手間なのだがまあこの方法でもうまいだろう。いや、実際うまかったし(笑

そもそも残念ながら正式なリエットを食ったことがないので比べようがないのだが。。。



---おまけ、マエダ式リエット100g中の栄養成分---

カリウム:150mg
リン;57mg
タンパク質:9mg
カロリー:550kcal
(参考値)


まあ一回に食べるのは10〜20gくらいかな、もちろんフランスパンなんかにつけると最高なのだがマエダは酒でも飲みながらそのまま食べるよ。20gで約100kcal、なかなか使い勝手の良くて旨いカロリーアップだぜ(自画自賛)


その他の透析ブログは
↓こちらをクリック

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ



スポンサーサイト

 料理

0 Comments

Leave a comment