FC2ブログ

目指せ透析40年改め50年!まだまだ生きる。

日々の透析の雑感や透析情報など

今が旬、最高のサンマの刺身を食べた話


はい、今日は神楽坂の某割烹です

彼女Mが「なんか和食で旬の物食べたいわ♬秋だし」というリクエスト。

さて、事前にひとりで行ってリサーチ。
ここは時々使ってるので大将とは仲がいい、色々おしえてもらおう。


「マエダさん、お久しぶりですね」

「うん、春以来かな、ところでさ、今日は今美味しい物何があるか聞きにきたんだけどどんなところ?」

「そうですね、日によって入る物が違いますけどこの季節しか食べられない物といえばやっぱりサンマの刺身ですかね」

「なるほど、さんまね。確かにもう少し時期が下ると油臭くなってくるもんね」

「そうなんです、今の時期北海道あたりで捕れた奴、これがいいんですよ」


決まりだ。


さて当日、もちろんサンマの刺身を頼む。彼女がひとくち食べて

「ん?こうぞうさん、ちょっとこれ醤油つけずに食べてみて」

「なに?どれどれ」


食べてみると何故かほんのり昆布のような出汁のような味がする


「これ、タダの刺身じゃなく絶対なんかひと仕事してるわよね」


おれ、もうひとくち食べて確信する。こいつは寿司の技法の昆布締めかなんかやってるのか?まあ大将確か元銀座久兵衛出身だったって言う話を聞いたことがあるからありえることだな。

まあとにかくうまい

サンマの刺身はそりゃ何度も食べたことはあるが、ここまでうまいのは初めてだ


後日、また店に寄りひとりでカウンターに座って

「大将、この前のサンマの刺身ウマかったよ。あれなんか仕事してるの?」

「いえ、あれは普通に刺身にしてあるだけですよ」

「え〜そうなの、醤油なしで食べるとほのかに昆布の味がしたんだけど。。」

「うーん、自分の腕ですかね(笑)」


なるほど、ここの大将仕入れの目利きも自分でやってるようだが、さすが元寿司職人、ウマいさかなを選ぶ技術もいいってことか。

しかし、この季節の新鮮なサンマはあんな香りがするんだなとなかなか勉強になった。


実は自分はとある田舎の港町出身なので魚にはうるさいが、地元でまことしやかに囁かれる「一番ウマい魚はすべて東京へ流される」というのはあながちウソじゃないな、と思った今回のデートでした。


その他の透析ブログは
↓こちらをクリック

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ




スポンサーサイト

 雑談

0 Comments

Leave a comment