FC2ブログ

目指せ透析40年改め50年!まだまだ生きる。

日々の透析の雑感や透析情報など

ヘルプマークハラスメント


「ヘルプマーク」を付けた彼が、電車の中で怒鳴り声を上げたやり切れない理由(デイリー新潮)


えーと、記事の概略を抜粋すると



「このカードが見えねぇのかよ!」
 すると、突然「このカードが見えねぇのかよ!」と怒鳴る男性の声が車内に響き渡った。私が座っている座席のもう1つ向こうのシートで20代半ばくらいの男性がうつむき加減で興奮している。

 よく見ると、彼のリュックには赤地に白の十字とハートマークが描かれたヘルプマークがぶら下がっている。すぐにその男性の目の前に座っていたサラリーマンらしきスーツ姿の男性2人が何も言わずに立ち去った。

 そして、その空いた2席のどちらかに座るのかと思っていたら、なんとこちらへ怒鳴った男性がのしのしとやって来るではないか。譲ってもらった席には座らないの……? 恐怖でフリーズしてしまった。できるだけ興奮させないよう、顔を見ないようにしよう……。

 そう思っていると、私の2つ隣に座っていた人が無言で立ち上がり去っていった。そしてさっきまで怒鳴っていた男性は何も言わずにその席に座り、スマホをいじり始めた。




なんというか、最近こういう輩がニュースになることが多いような気がする。

優先席に座る若者に、けんか腰で席を譲れと叫ぶ老人とかね。


えーとこの手の話題を書くと必ずオレに絡んでくるめんどくさいブロガーがいるんでこういうのあんまり話題にしたくないんだけどさぁ、人の話題に乗っかってブログ書くんじゃなく自分でネタぐらい探してほしいわ、ホント(笑)


いや、そんな事じゃなく、ヘルプマークねぇ

こいつは別に席を譲らなきゃいけない錦の御紋でもないのは当然だが、好意が続くと権利と勘違いするってやつの典型か。それとも筆者も疑っているが発達障害?


というかさ、このヘルプマークって奴、あまりに適用範囲が広くない?


ヘルプマークの対象者は、義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としていることが外見からは分からない方々です。
身体機能等に特に基準を設けているわけではなく、発達障害、知的障害や精神障害がある方も、対象者として想定されています。


内部障害や身体的なやつはわかる、しかし発達障害、知的障害や精神障害も一緒くたにするのはどうなんだろう。

個人的な意見を言わせてもらえばこの記事の筆者も書いているが、マークの色分けなどしたほうがより健常者も手助けがしやすいのじゃなかろうか。


この先よりヘルプマークが認知されてきたら、たとえばこの記事のように発達障害(たぶん)で感情を爆発させる人をみつけ「フルプマークをつけてる人はアブナい人」という認識にならないとも言いきれない。



考えすぎ?


その他の透析ブログは
↓こちらをクリック

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ








こいつも忘れるな!











スポンサーサイト



 ひとりごと

5 Comments

オルカ  

以前から、こういう逆差別のような人がいて、一緒にされたくはないなぁと思ってました。
なんていうか、障害者手帳を印籠のように使う人には、違和感を感じます。

なんとなくヘルプマーク外そうかなぁと思えてきました。

2019/09/14 (Sat) 17:53 | REPLY |   

オルカ  

あ、ちなみに、発達障害、精神障害者に対する偏見は全く持っていないし、保護する立場をとってありますので、ヘルプマークの使い方に対してだけ同意です。

2019/09/14 (Sat) 17:59 | REPLY |   

まえだ  

こんにちは、オルカさん

コメントありがとうございます。

大丈夫ですよー、自分も身内に発達障害いたんで偏見はないっす。

でもあれかなぁ、ヘルプマーク色分けしたりしたら精神障害に理解のない人は、めっちゃ差別するのかな?

難しいですよね。

2019/09/14 (Sat) 18:28 | REPLY |   

まるにゃん  

イヤな気持ちになる記事ですね( ´•௰•`)

´ω`)ノばんちゃ

デイリー新潮の記事のような情けないヘルプマーク所持者がどの程度いるのかわからないですけど、こういった人は魂にまで障害が転移したんでしょうね。

以前記事で触れたことがありますけど、私は今のところ身体障害者手帳を持たない生活を約10年送っているし、ヘルプマークに関しても持っていないので、いつも電車では私が譲る側です。
つまり、ご老人や赤ちゃん連れの女性はもちろん、ヘルプマークをぶら下げている人たちに、よく(本当によく)席を譲っています。

(ちなみに知的な障害と明らかにわかるような方々にも、席は譲るべきと思います。そういう方々は、えてして『座ると落ち着き』ます)

ヘルプマーク所持者に席を譲るのは、とくに親切心からというのでもなく、ヘルプマークをわざわざ首からぶら下げて(あるいはバッグにつけて)電車に乗ってくる人たちよりは、私の方が断然体力があるにちがいない、という自覚や自信があるからです。
体力不足な人に、体力に不安がない人が席を譲るのは当たり前でふつうです。
結局、自意識のありようの問題ですよね(`・н・´)

私は自分について「いわゆる障害者」という意識を持てないので、「いわゆる障害者」のように手帳を使う権利があるとも思えないのです。
働いて、障害年金をもらわなくてもやたら不自由しない程度に稼げているし、頭もクリアです。
腎臓は使い物にならなくても、透析が代わりをしてくれます。
目も耳も口も標準以上に健康だし、肢体満足で、とにかく日常生活で何も困りません。

だから自分を「いわゆる障害者」だと感じないし、だから手帳を申請しないし、使わない。
使う権利が自分にあるようには思えないのです。
(今のところ( ^ω^))

ヘルプマークについては、
もし「席に座れる、という程度のヘルプ」があればなんとかなる体調なのなら、その場合次の駅ででもとりあえず下車して駅のホームのベンチで存分に体を休めればよいこと、と考えます。
なんならホームから誰かに救急車を頼みます。
なので、ヘルプマークも私には必要ありません(*`・ω・´)

国に、透析にかかる莫大な医療費を負担してもらっているだけで、もう充分ありがたくて申し訳ないです。
(本心ですよ( ¯•ω•¯ ))

だから手帳もヘルプマークも必要ないですね、今のところ。
(誰しも明日がわからないですからね(✧д✧))

そしてね、手帳もヘルプマークも必要ない、と言いきれる土台としての今の体調を、できるだけ長く維持できるよう、これからも自分の透析や食生活や運動などについて、さらに勉強し自己管理していかねばなぁ、って、
マエダさんのこの記事を読んであらためて思いました( ー`дー´)キリッ
ありがとうございました(⁎-௰-⁎))"ペコン

ひとつの意見(おそらくはかなり反感を買う意見)として、コメントさせていただきました(・∀・)/


2019/09/14 (Sat) 19:50 | REPLY |   

まえだ  

こんばんはー、まるにゃんさん

コメントありがとうございます

反感を買うだなんてそんな!(笑)おかしな考えじゃないと思いますよ、うん。


でもヘルプマークが必要な社会ってどうなんでしょう?、そもそもあの「優先席」ってのも変なシステムだと思いません?、優先席じゃなかったら老人や妊婦に席を譲らなくていいんでしょうかね。

まあこの話はまた長くなりそうなんでまたこんどにでも

2019/09/15 (Sun) 23:55 | REPLY |   

Leave a comment